FC2ブログ

FFXI ~赤魔道士Jille【どこですか?】~

カーバンクルサーバで遊んでます(*'ω'*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

※動物病院行って来ました

FFと、まったく関係ない話です、すみません


※モモじろうと腎不全、私用覚書き、最後かも?

水曜日の夜、旦那が帰って来てから
動物病院に行ってきた

右前足の脱臼への処置として
先週から1週間、右前足を固定し、左肩と
たすきがけにするようにテーピングで
ぐるぐる巻きにしていたものをはずしてもらうことに

病院のドアを入った瞬間に、モモじろうの主治医
女医さんが、血液検査の機械のスイッチを入れたが
旦那がすかさず、ご飯も食べてるしオシッコも出てるので
血液検査はいいです、肩だけ見て欲しいのでと言う



少し待ってから診察台の方に通され
女医さんは、不満そうな不機嫌そうないつもの顔で言う
まぁ、怒っているわけではなく※怒ってるかもしれないが
いつもキリっとした表情をしている方です

「一度BUN(尿素窒素)が140以上にもなってるから
すぐ悪くなったりしますから
今回は血液検査しなくてもいいけど
今、元気そうに見えても油断しないで下さいね」

すぐ悪くなったりする、じゃなく
悪くなる、と断言していた気がする

そうですね、悪くなったらまた考えます


"また脱臼させられたくないから"とは言いませんでした

喧嘩しにきたのではないので

それに、血液検査が嫌なんじゃなく
脱臼するほど押さえつけられるのが怖いだけ
うざい飼い主、だったら来るなよと思うかもしれませんが
不安なままお願いして、また脱臼してしまって
あーあ、とか、ほらね、と思いたくないのです


肩を固定していたテーピングをはずしてもらう
また、アニマルナースさんがペットを押さえ
女医さんがテープを切っていく

脱臼している右前足に少しへばりついていたテープを女医さんが、
そのまま力まかせに引っ張ってはがそうとしていてちょっとビックリ

すみません、そのテープがへばりついている右前足は
脱臼した足なんですけど、わかってますか…?

まぁ、とりあえずは再脱臼もなくテーピングははがしてもらえ
右前足を、少し見てもらう

肩の関節には、ちゃんと骨頭は入っている、と思う
またちゃんと説明はなく、黙って触診はしていたので
入っていると思う事にしたい

一週間固定していたので、肘は硬縮してしまっている
ただ、受傷直後よりも、歩行に合わせ右前足を動かすようにしたり
また、女医さんが言うには「握るようなしぐさをした」そうです
私には確認できず、家に帰ってから今まで一度も
「握るようなしぐさ」を見てはいないのだが
まーなんだ、左前足見てたんじゃないのか?

右前足、少しだけ、よくなったのだろうか
もう少しよくなるかもしれないが、あまり変わらないかもしれない


処置が終わり、帰る時に私は女医さんに言った

初めてここにこいつを連れてきて
採血やレントゲンなどの処置を受け
家に帰ってから、右前足がだらんとしてて変だが
これは注射の影響か?と電話したのを覚えていますか?

女医さんは、覚えていると言った

次の日も病院に来て、先生は診てくれたが
あの時すでに脱臼していたのでしょうか?

そうだと思っていいです

では、こいつの脱臼は、私達がさせたのではなく
処置の段階で、押さえている時など何がしかの強い力が加わり
病院で脱臼させられてしまったと解釈していいのですか?

うーん、という顔をして返事をしなくなる

で、わたしが続けて言う

ただ、あの時はご飯も食べずオシッコも出ず
検査から腎不全がわかって、データもすごく悪かったし
そっちを治す事を最優先となるのが普通で
脱臼よりも腎臓に目が向くのは仕方ない状況だったと思います
手術もしたし…

そうですね、と答えた
脱臼で命を落とす事はないけど、腎不全では
死んでしまう可能性がありますから、と


だけど、脱臼しているという事をわかっていたのに
先生がおっしゃったのは、つい先週でしたよね
早く気付いて早く伝えて、早く対応したからどう変わったか
それはわからないですけど
何かよい方法があったとしても、やっぱり腎臓よりも後回しには
なりますけど、わかっていたらちゃんと説明して欲しかったです

腎臓の事では助けてもらって、今のモモじろうが元気にしてるのは
手術をしてもらったおかげだと思っています、感謝しています
ただ、脱臼に関しては非常に残念に思っています

説明が遅れてしまった事に関しては、
それはすみませんでしたと女医さんは言った


ただやはり、あのタイミングで手術をして
胴をぐるぐる巻き、肩もぐるぐる巻きにするのは
可哀想すぎるというのもあったから
右前足を固定するようにしていますとは言いましたよね?


"でも、脱臼しているとは言わなかったでしょう?"


それから、そんな簡単に脱臼ってするもんじゃないんです


"簡単には脱臼しないと私も思います
力を込めて変な方向に押さえ続けたからこうなったんでしょう?"


押さえた事でなったというよりも
この子がもともと、じん帯や関節が弱かったり
脱臼しやすい個体だったせいかもしれません

…は?
オマエ何言ってんの?バカか?
あ、すみませんつい取り乱してしまいました
あまりにもトンチンカンな言いがかりをつけられた気がしたので
あれを思い出しました、ここにあったお菓子誰が食べたの?
知らないオジサンが入って来て食べちゃった、という子供の言い訳

えと、モモじろうは家で好き勝手やってぶっ叩かれたり
ベッドから落ちたりいっつもしてるが、ケガした事など一回もない
むしろかなり丈夫な方の個体だと思うが…?

…とはもちろん言いませんでした

あー、この人は何を言ってもダメなんだなと思いました
多分これ以上言っても「だって押さえてたの私じゃないシー」とかもうね
アホみたいな事を言い出しそうで怖くなって言うのやめました

何か起こって、自分が悪いかもしれない場合
自分以外のどこかに原因を探したがるタイプ
失敗や過失を認めない、謝らない人
脱臼するほど押さえつけた、変な方向に腕が向いたまま
固定し続けたため、という可能性が8割としよう
モモじろうがもともと脱臼しやすい体質だとかいうのは
0,01%以下というかね、ぶっちゃけゼロです
だったらすべてのプレが全部脱臼します
というか、脱臼したまま生活しててもおかしくないいやそれはおかしい


この子がもともと脱臼しやすい個体だったから
通常ならありえない程度の力で押さえただけで脱臼してしまった
私達の手技に問題があったのではなく
モモじろうがそうなりやすい要因を持ち合わせていたためだ
だから我々は悪くない、という意味なのかな

なぜなら、今まで当院で脱臼事故はなく
今までなかったんだから、この先もないに決まっているから

そういう理屈?
そんなわけあるか?

んー、ない

いや、あるかな

っていうかね、もういい(♯^ω^)
どうもありがとうございました
腎不全に関してはよくして頂いてありがとうございました
脱臼については、説明がなかなか頂けなかった事など
非常に残念な部分もありますが、辛いのはペットですので
そうさせたのは私ですし、取り戻せないものですし
少しでもよくなるといいなと願うばかりです
では、お世話になりました、と、にこやかに丁寧に挨拶し
モモじろうと旦那と一緒に動物病院をあとにしました



病院にいる間、ほとんど話さなかった旦那が
病院を出て数歩歩いて

この女医さん、伸びない
リピータの来る病院じゃない

と言いました
たしかにその通りだなと思いました

すごくいい獣医さんだとは思います
知識も技術もすぐれ、ペットに優しくて
今回、脱臼の件がなければ、もっと大きな信頼をおいていたと思う
あの女医さんに関して、あまりよくない評判があったとしても
私はそれをすごく疑問に思うだろうし、信じないと思う

ただ、説明下手、口下手、聞かないと言わない事多し
そこが萌える人だけ通ってくれるでしょう

自分たちのよい部分悪い部分を客観的に見つめ
受け入れて成長する段階で、プライドが邪魔するのか
ほんとに悪いとも思っていないのか、受け入れることができない

それじゃ伸びないし、リピーターも来ない
まぁ、今後どう変わるか変わらないか
女医さんも結構若い方で、一人であの病院を任せられていて
プレッシャーも負担も大きいだろう、頑張って欲しいです


えーと、
プレーリードッグは、犬猫のように体は大きくないし
骨も体もとても柔らかく、関節だって肋骨だって
力を抜いてリラックスしている時は、かなりぐにゃぐにゃしている
それは本来、地中に穴を掘って生活するための身体的特徴と言えると思う
狭い通路をすり抜け、小さな穴から顔を出し
天敵が来れば一目散に逃げる機敏で柔軟なプレーリードッグ


あの病院は、プレーリードッグの診察はできますと言った
介助者の人=アニマルナースさんは、知らないが
それでも、小動物やリス、ウサギなどの診察介助もしているだろう
触れば、体がとても小さく、変に力を込めれば簡単に
どうにでもできてしまう事くらいわかるだろう、学校でも習うだろう


医療に限らず、多くの物事において
失敗や事故はつきもので、運の悪い人や動物やその家族が遭遇する

結果には原因がつきもので
原因がどう考えてもそこだろ!という時は
潔く認め、謝る勇気を持とう

なんでもかんでも無理矢理、他のもののせいにして
言い逃れる考え方の持ち主であったり、
それが習慣化して無意識にそうしてしまう
気の毒な性質であったとしても、家族や周囲も同じだとしても
そういった悪い部分は治すべきだと私は思う

何が悪かったのか、なぜそうなったのか
どうすればよかったのか、どうしてみたか
改善するようにエネルギーが働かないと
全部他のもののせい、自分は悪くない
関係ない、それではまったく進歩がない
また同じ事故が起きても、どうせ誰かのせい

「悪」という言葉を何度も使ってしまったが
非難したり否定したり攻撃するために使ったわけではないです



さて、モモじろうは、肩のテーピングがはずれて
かなりのびのびと生活しています

右前足は、時々動かすようにしていますが
指はかるくグーにしている形で、
広げたり握ったりはまったくしません

右前足を使う、床につける、体を支える、という行動は
まれにみられますが、強い力をかける事は難しいようです


寝室に行くのが好きで、そこで寝るのが好きで
エリザベスカラーが取れてから、見てやれる間は
毎日寝室で遊ばせてやっていて、右前足もマッサージしてますが
まぁ、このへんが限界なのかなと思っています

モモじろうが嫌がったり痛がったりしないので
右前足のマッサージをしてます、指で腕をつかむと
筋肉がピクピクと反応したり、指を伸ばすようにすると
手の関節がピクピクと反応したり、あぁ、まったくダメになって
完全に神経が死んでいるわけではないのだなとは思えます

私を追って立ち上がるような姿勢をとれば
右前足を挙上する動きもみられました
ただ、指先がまるまったままなので、指先の神経が
ダメージが大きいのかもしれないです

普段は使いやすい左前足ばかり使ってはいますが
たっまーに、エサを食べる時に右前足を添えていたり
さっきも、自分の鼻を右前足でこするようなしぐさが見られ
お!おぉぉ!!?と思ったり、でもそれ以上は何もせず
まぁ、もう少しだけよくなるかもしれない、この程度かもしれない
一喜一憂してます、モモじろうかわいくて抱っこしてばっかりです


また何かの拍子にケガをしたり
肩関節がズレてしまったりしないよう
じっくりと見守って行きます(・ω・)

あ、食欲はもうね、書く必要もないくらいです
めちゃくちゃ食べますおそろしいくらいです
病中、ついばむ程度にしかエサを食べず
弱っていく姿を見るのがつらくて、おいしいものを与えたため
おいしいエサしか食べなくなりました
おいしいものから順番に食べ、それ以上与えないと
しぶしぶ、さほどおいしくないものも食べるという感じ
そんなに嫌なら食べなくていいんじゃよ?と言いたい

もともと牧草とペレットしか食べてなかったのに
グルメすぎです、早く粗食に戻って欲しいものです

なお、私も、
プレーリーを理解してるつもりでできていない
病気にさせてしまったダメな飼い主なので
人の事など、まして獣医さんの事なんかを
とやかく言う立場じゃない事はよくわかっているつもりです

私も誰かのせいにしたがっているだけなのかもしれないですね

今はバカ飼い主で理解力の低い、
病院に文句ばかり言う自分勝手な人と思われても
仕方ないと思います、それが私の中の「悪」でしょう

モモじろうの右前足、もう少しよくなるといいなぁ…






スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[ 2006/09/08 13:48 ] FFXI | TB(0) | CM(8)
ううーなんだか考えさせられるお医者様ですね・・・。

人間でも動物でもやっぱり信頼のおけるお医者様に見てもらいたいものです。

モモちゃんはやく元気になりますように(´・ω・`)
[ 2006/09/08 19:37 ] [ 編集 ]
(*'-')ノ
ジルです
あぷりさんコメントありがとうございます(^ω^)つ

おかげ様でモモじろう、腎臓の方はかなり調子がよく
右前足の脱臼については、病院側の対応は記事の通り
障害の具合は、まだわからないけど、少しだけ
よくなってはいるみたいです

その女医さんは、すごく優秀でよい獣医師だと思います
もっと、でも、説明すべき時に説明しないといけない
私は言葉が足りない方だなと何度も感じました
たとえば今後、すれ違いから飼い主さんなどに
誤解を受ける事もあるかもしれないですね
多くの経験を積んで、さらに学び、今以上に
素晴らしい獣医師さんになって欲しいと願っています
[ 2006/09/08 20:45 ] [ 編集 ]
|ω・`)最近コメント長くて申し訳n
>えと、モモじろうは家で好き勝手やってぶっ叩かれたり
ベッドから落ちたりいっつもしてるが、ケガした事など一回もない
むしろかなり丈夫な方の個体だと思うが…?

ここで吹きましたwモモ君頑丈ですね・・・w

女医さんのほうは、やっぱり自分の失敗というか過失というか、認めてほしかったですね。
医者だから、命を扱う仕事だから それ以前にプロとして、(患者相手の)客商売として。

ジルさん最終的に泣き寝入り(腎臓の件は別ですが)みたいになっちゃってカワイソス(´・ω・`)モモ君も

そして病院でほとんど話さなかったのに出てからサラっと言う旦那さんカッコヨス・・・w
[ 2006/09/09 01:07 ] [ 編集 ]
(*'-')ノ
ジルです
Timedropさんコメントありがとうございます(^ω^)つ

そうなのよね、脱臼しやすいだなんて言いがかりつけられると
モモじろうが過去にどれだけ「ケガしてもおかしくない
状況だけど、全く何でもナス」だった体験談があるか
2時間くらい語り聞かせられるという話

女医さんは、一応は認めていたと思います
ただ、言葉が足りないのと感情を隠したがるのかな
今までもこれからも多くの患畜、飼い主と触れ合って
今以上に素晴らしい獣医さんになってくれると思います

泣き寝入りとは思ってないですお!
あと旦那は、言っても無駄、コイツダメと
判断した人には、地蔵のようにまったく無関心無反応になり
一切口をきかなくなるタイプです怖いです…w
[ 2006/09/09 09:54 ] [ 編集 ]
んま~獣医さんとかに関してはオレが見聞きしてるわけではないので、右手のことで少々。
オレも格闘技で脱臼クセがあり、手術した口ですが、脱臼して固定してると確かに関節動かなくなったりしましたね~。
動物なので人間のそれが当てはまるかは分かりませんが、一週間固定してたなら倍の時間でまぁ違和感無いかな?位に動かせるようになったかと。
んま~鼻を掻くようなしぐさしてるなら、まだしばらくは様子見てあげた方がいいんじゃないかなぁと。
ベッドや少し高いところから落ちないようにしてあげるのがいいかもですね。
落ちる時の衝撃って思いのほか激しいので…。
[ 2006/09/09 20:26 ] [ 編集 ]
( *´エ`)σ
ジルです
六句たんコメントありがとう(^ω^)つ
担当の獣医さんは、説明下手で口数少ない人ですが
親身になって最善の治療をしてくれましたお!

脱臼クセ、この言葉はよく聞きますね、心配です
脱臼したままの時間が長いほど、対処が遅いほど
再脱臼しやすいんじゃないかと思ってしまうし

右前足、指を開く、手のひらを床につけるしぐさが
一切ないけど、かなり動かしているし、使おうとしてます
昨日より少しでもよい気がして、嬉しくなります
あ、そうだね、プレが上りたがる高いところは
ベッドくらいだけど見ていられる場合以外は
上げないようにしてます
[ 2006/09/10 19:05 ] [ 編集 ]
(´ー`)
獣医さんの医師としての姿勢、ジルたんの気持ち、ぜーんぶモモくんが一所懸命動かそうとしてることで受けとめてるような気がします。今度はジルたんが元気になる番ですぞw(ぁ、バザーでがっぽり=元気になったかな・・・w
[ 2006/09/10 21:14 ] [ 編集 ]
(´ー`)
ジルです
ヴィオたんコメントありがとう(^ω^)つ
モモじろうがこんなに頑張ってくれると思ってなかった
今は平気な顔して毛づくろいしてるけど、ヤツにとっては
激動の数週間だったんだもんなぁ、手の指が広がらないのが
すごく残念だけど、家での生活に支障はないと思うので
受け入れ、たくましく生きて行って欲しいと思います

私は元気ですお!チョコエサのバザーで大儲けo(`ω´*)o
お金持ちの他人のみなさん、もっと買って下さいw
[ 2006/09/11 09:51 ] [ 編集 ]
2つお願い!コメント同士でのやり取りはどうかご遠慮下さい。せっかく書いて頂いたのに、場合によっては私の勝手な判断で消しちゃうかもです><また、私のレスへのレスもなんと不要です!なにそれ地球に優しい!ご理解下さい_(_ _)_












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Jille

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。