FC2ブログ

FFXI ~赤魔道士Jille【どこですか?】~

カーバンクルサーバで遊んでます(*'ω'*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「モモじろうと急性腎不全」~手術シタ

今朝、久しぶりにPS2の電源を入れ
倉庫の点検なんかをしてみました

チョコボ育成が始まってるんでしたっけ?
小中学生や、女性PCに好評になりそうですね

チョコボの卵が、BCの戦利品だけじゃなく
簡単なクエの報酬で入手できたり
店売りで入手できるのが非常によいと思います(・ω・)

まったくやる気はないですが
よい子のみなさん、たっぷり楽しんで下さいネ!





※以下は脱線記事、ペットのアレです※



8月24日(木)
バイトを休んで、朝から動物病院へ
担当の女医さん、ちょっと怖い顔してますが、美人な方です
あまり説明してくれませんし、笑わない方です

モモじろうは、まずは早速背中に皮下注射をしてもらい
それとそうだ、昨日さんざん検査やら処置やらしてもらって
介助の方がガッチリ捕定してたんですが
そのせいでか、脱臼でもしたのか右前足がブラブラに

完全にブランブランではないんだけど
通常なら、手のひらを下にして体を支える前足
左はそうなっているのに、右は手の甲を地面につけるようになって
バランス悪そうに歩いているのです(´・ω・`)

保護と安静のために、タオルで固定して
テーピングしています、治るかなぁ…


まずいう事は聞かないし大暴れするし、小動物に限らず
動物への処置の介助では、捕定が大事で、それがうまくできないと
何もできないというか、何か失敗すればそのせいだというか
「捕定8割」という言葉もあるくらいだそうで
たとえ押さえたせいで骨折しようとも、
死んでもガッチリ押さえ動かさないのはとても重要かもしれないけど
こういう風にならないように、やはりケガはさせないように
だけどしっかり確実に押さえるのがプロだと思うヨ

実は反対の前足も昨日=日曜日やられちゃいまして
こっちはブランブランまでじゃないけど
肘~手首までがビックリするほど腫れてしまいました

ご飯食べられないのと手術の消耗で少し痩せた後ろ足より
太くてたくましい?モモじろうの左前足、不自然…
捻挫したのかなぁ、小動物は捕定がムズイんでしょうね
まぁ仕方ないので、安静にして治るのを待つしかないですが


えと、少し話を戻します
食欲ないのとオシッコ出てないのは変わらず
その手の具合も見るために、レントゲン検査

これでまた押さえて暴れて大騒ぎなんですけどね…

手は確かに痛そうだし、左右対称ではないし
見た目もおかしくはあるが写真では骨折所見はナシ
また、膀胱内は昨日と同じで、尿が貯留したまま

導尿をトライしてみるが、膀胱炎の違和感からか
モモじろうがオチンチンをいじって、炎症を起こしているようで
一番細いカテーテルが入らず、断念

経皮で膀胱に針を刺し、尿を引いてみる事に

レントゲン上、あんなにオシッコが溜まっているのに
針を刺しても、出たのは赤い尿がほんの少量

針先を動かすと、薄黄色の尿が、でもこれも少量

超音波で見てみましょうとなり、見てもらうと
膀胱内に何かある事がわかった

レントゲン上は写っていないが、エコーだと見つかった所見
おそらく膀胱炎由来の、何か血液の塊のようなもの
血餅(けっぺい)のようなものが、膀胱内壁にくっついており
腎臓~膀胱へと尿を運ぶ尿管の出口を塞いでいる
そのために、オシッコが出ない、また膀胱内に貯留して
腎臓の方にまで逆流し、尿毒症になっているようである、との事

ブドウを食べたから膀胱炎、という流れではないと思われる…

またこの、血餅のようなものは、大きすぎて
自然に吸収されたり、排泄される事はないでしょう
良性悪性に関わらず、今現在も悪さをしており
内科的には、毎日皮下注射をして、血液を洗うような事が限界

もし、この子の体力が持つのなら外科的に
膀胱を開いて、中のものを出す手術をするのがよいかと思う
手術中の出血で死ぬ事もある、麻酔から戻らない事もある

また、この血餅のようなものは悪性所見かもしれない
もしそうであったら、切る事で治るかもしれないし
切っても、再発するかもしれないし
切る事でさらに広がる可能性もある
悪性所見なら、膀胱の内壁をすべて切除するような手術になる

また、尿道を少しでもふさぐような形でこの血餅があれば
ただの血の塊なら洗い流せるが、主要的なものであれば
切り取る事は不可能で、温存しなければいけない

今の状態、データ、体力などを考慮し
手術のリスクもよく理解した上で、どうするか
家族で相談して決めて下さいと言われた

家族って、モモじろうは私のペットで
旦那はモモじろうに関しては、何の決定権もないし
獣医さんは、黙って表情ひとつ変えずに、ゆっくり考えて下さいと言い

私は、モモじろうの前のプレーリーを悪性リンパ腫で亡くし
前の子は、手術してもしなくても、手術で悪い部分を全部切除し
再発も何もないというケースでない限り、きっと1ヶ月くらいで
死んでしまうでしょう、でも、できる限りの事をしてやりたいなら
手術してあげるのも1つの選択肢です、と言われ
してもらえるのにしないで後悔したくなかったから
結局は苦しめてしまっただけだったけれど手術を選んだ

獣医さんは、何もしなければ「厳しいです」と
それは、ゆっくり悪くなっていき、いずれ死ぬという意味で

私は黙ってしまって、もう何を聞けばいいかわからず
獣医さんに「もし先生だったら、手術しますか?」と聞いた

ずっと表情ひとつ変えずに、真剣な顔で話していた獣医さんが
一瞬だけ、ふっと笑って、そして少し考えて

「私は、小鳥と、ハムスターと、犬猫くらいしか
ペットを飼った事はないけど、もしこういう状況になったら
自分がしてやれる事を考えて、でも自分の限界を超えて
誰かにお願いする事になれば、それが可能ならしてやりたい
どっちにしろ、後悔はすると思うんです
しないでも、してやればよかったと思うだろうし
してしまったら、やめておけばよかったと思うでしょう
でも、私だったら、手術すると思います」

そして「どうか、手術をしてあげて下さい」と言った

やるのなら、一日でも早い方がいいんですよね、と確認した

前の子は、私の手術への決断が遅く、リンパ腫が進行して
他のリンパ節へ転移していた、手で触ってもわかった


もしかしたら、麻酔から覚めないかもしれない
大量に出血して、そのまま死んでしまうかもしれない
膀胱内の悪性腫瘍なのかもしれない

手術する事で、モモじろうはとても苦しみ、
痛くて辛い思いをするのはよくわかる

でも、黙って見守り続ける事が怖くてできない

どっちが正しいというより、手術してやったと
私はできる限りの事をしたんだという自己満足のために
その選択肢を選んだ事になるかもしれない

もっと早く気付いてやれば、もっと早く対応してやれば
そういう後悔はしたくなかった

そのまま、モモじろうを獣医さんにあずけ
もう元気で会えないかもしれないから、もう一回頭をなでて
一人で動物病院から、家に帰りました


家に帰って、今度は私が具合が悪くなって寝込んで
そういえば、私もペットと一緒に2日間ご飯を食べてなくて
それでも胃液を何度か吐いて、動けなくなった
うーん、風邪だったのかな

旦那が電話をくれ、モモじろうが手術する事になったと説明したら
早く帰ってくれたので、手術後は旦那が病院に迎えに行ってくれた

モモじろうは、とりあえずは元気に麻酔から覚め
見た目がアイボみたいになって帰って来た

手術は無事成功しました
膀胱内の血餅は、膀胱内にできたびらん由来のもの
びらんの原因は不明、膀胱炎のため?ブドウは直接は関係ないか?
悪性所見なし、もともと膀胱炎があってそこから悪化し
びらん、出血、血餅、尿管出口を閉塞、急性腎不全、という流れ?
ただしブドウは、個体によっては急性腎不全を起こす事があるので
今回のきっかけになったと思ってもよい、以後与えないが吉

それ以外、膀胱内は非常に奇麗でした、と
外見上、腎臓、肝臓等、異常は見られず

尿管、尿道など、通過障害も見られず

開腹中、点滴をどんどん流して、血を洗うようにできたし
腹膜透析をしたので、データはかなり改善されていると思う、との事

この後は絶対安静で、エリザベスカラーと
手には手袋、胴はぐるぐる巻き
包帯をはがしたり傷をいじったりさせないよう
手袋が取れたら、また必ず着けて下さい

しばらく乏尿期でオシッコ出ないと思うけど
そのあと多尿期に入るので、明日明後日くらいから
オシッコがどんどん出ると思います

家で、皮下注射を朝晩30CCくらいずつできればして
できなかったら連れてきて下さい

何か食べられそうなら与えて
食べないようなら、強制給餌で
100%野菜ジュースなどを与えて下さいとの事

あと、ナゾのミルクティー色の液体…薬だそうです
漢方薬とかの類でしょうか?肝臓や腎臓の働きを助ける薬だそうで
朝晩0,5CCずつ注射器で無理にでも飲ませて下さいという薬と
抗生剤をもらって来ました



手術が無事終わって一安心ではあるのですが
エサは食べないし、なんだか元気なさそうに見えるし
息をしてないんじゃないか?と不安になり
お腹の動きを数秒凝視してしまう事は、今もあります


オシッコは手術当日、その次の日もなし
土曜日にお昼くらいに1回、2時半くらいに1回
21時くらいに1回と、多尿期になったのかな
ジャージャー出はじめました

お腹を切っていますが、排尿の痛みはない様子
オシッコがしたくなれば、自分で移動して
ちゃんと腹圧をかけて排尿している


ブドウを食べた次の日から
どんな好物を口元に持って行っても
見向きもせず、食べようというそぶりさせなかったのですが
まぁ、手術後もほとんど同じ状態で
野菜ジュースを無理に飲ませる、
ギャーギャー騒いで逃れようとする、
つかまえて無理に飲ませる、うまい事避けられる、
周囲に野菜ジュースが飛び散る、もう一回…の繰り返しの日から
スーパーで買ってきたリンゴやメロンには
まったく関心を示さずガッカリしたり

次の日は、食パンを少しだけかじってくれた事に感激したり
今度は炊いたご飯を数口食べた事に喜んだり
昨日はレタスを自分で食べてくれ

今日は、ずっと食べようともしなかったペレットを
自分で食べようという意思のもと、かじって食べてくれて
ほんとに少しだけなんだけど、でもすごい進歩だと思って
嬉しく思っています

エリザベスカラーはついているし
右前足は捻挫だか脱臼だかしたままで、動かないよう固定したままだし
自分で、元気な時みたいに手に持って食べるというのは無理なんですが
食べてる途中にも、そのまま傾眠傾向になってしまうというか
行動もややおかしいのですが
それでも時々「呼んだ?」という顔で突然ぱっと目を大きく見開いて
あのかわいらしい顔で、こっちをじっと見てくれたりすると
なんかチョーダイって顔をしてくれたりすると
なんかすごく嬉しくなって、抱っこしたくなります

ケージににじり寄って「あれ食べるか?これ食べるか?」って
口元に持っていっても、途中で寝てしまうモモじろうだけど
元気の限界はここなのかと思ってしまうんだけど
このままゆっくりとでも元気になってくれるのか、
それとも無理なのか、今後どうなるかはまだわかりません

今度の木曜日に抜糸予定
傷は4日でふさがるが、傷をいじる事を考慮し
余裕をみて一週間、だそうです

その木曜日はバイトに行くつもりなので、
モモじろうの精神的苦痛を少しでも早く和らげる意味も込め
水曜日の夜に取ってもらえるといいなぁ(・ω・)

まぁ、まずはその日まで
ちゃんとご飯食べられるようになって
少しでも元気になって欲しい、現状維持でもいいので
またオシッコが出なくなったり、何か食べようとする意欲が
なくなってしまうのは怖いですね

栄養をつけてやりたいけど、ブドウの件もあるから
今まで食べた事のないものは与えたくないしね…





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2006/08/28 15:33 ] FFXI | TB(0) | CM(13)
(o・_・)ノ"(ノ_<。)
夕食調理の合間に軽く巡回するつもりが、
泣き泣き読んでしまいました。

ジルたんたいへんでしたね、
大事なモモじろうくんが苦しむ姿を見るのは本当につらかったでしょう。
(o・_・)ノ"(ノ_<。)
手術も無事に終わったようで安心しました。
うちにも犬がいて、そろそろ老犬の部類に入るので
今でもちょこちょこ病院に行く事もあり
色んな覚悟をしておかないといけないなあと思ってます。
うちのはたまに具合悪くなったりご飯食べなくなったりするんで・・・(´Д⊂
喋れないからこっちが気付いてあげるしかない、
気付いたら見てみぬフリなんて出来ないし、ペットと暮らすって責任重大だよね。

いつかお別れのときが来たとしても、
たくさん思い出をありがとうと言える様な、
悔いのない接し方をしないといけないですね。

モモじろうくんが早く元気になりますように!!
[ 2006/08/28 18:36 ] [ 編集 ]
( *´エ`)σ
ジルです
ちびこさんコメントありがとうございます(^ω^)つ
モモじろう、今の所はどうにかご飯食べて、寝て
注射されてはキィキィ怒って大騒ぎしてます
もう少し元気になって欲しいなぁという所ですが…少しずつ

そう、大きな動物でも小さいのでも、一緒に過ごして
思い出はそれぞれあって、かわいい顔だとかしぐさとか
もう話し出したら親バカでずっとしゃべっちゃうよね(*´ω`*)

ちびこさん家のわんこ、蛇に負けないわんこ
大事でいい子で大好きでしたと言ってやれるわんこだと
私もよくわかってますヨ!
わんこと元気よく、仲良く末永く一緒にo(`ω´*)o
[ 2006/08/28 19:00 ] [ 編集 ]
ドキドキしながら読んでしまいましたお。
モモじろうくん手術成功してよかったですね。

ペットは犬猫しか経験ありませんが、
やっぱりできるだけ長く同じ一匹と暮らしていきたいものです。
いまは飼えないおうちなので居ませんけど、
やっぱりペットのいる生活っていいなぁと改めて思いましたですよ。
[ 2006/08/28 19:33 ] [ 編集 ]
助かって本当によかったです!どんどん回復していってほしいです!本当よかった。 あと読んでいて獣医の対応の悪さにとても腹がたちました!
[ 2006/08/28 20:24 ] [ 編集 ]
ペットの具合が悪くなったという日記を読んでから心配でしたヽ(;´Д`)ノ
でも、手術をして今は落ち着いているみたいですね。とりあえず一安心かな?

あたしはワンコが大好きで以前ドーベルマン♀を飼ってたんだけど、ある日の夜少し具合が悪くなり、お腹を下してご飯を食べなかったんですね。
夜中だったし、これくらいの症状は人間だったらなんでもないことだし、明日も具合悪かったら病院行けばいいやって思っちゃって。
次の日の夕方、病院で急死(´Д⊂
自分の対応にものすんごい後悔しましたね・・

今飼ってるトイプードル♂も、ペットショップから購入2日後くらいに具合が悪くなって、ちょっと咳き込むくらいだったけど、すぐに病院に連れて行きました・・
その後1週間ほどで回復したけど、気管の弱い子だったみたい。
喋れない動物の病気は軽く見ちゃいけませんね(´・ω・`)

今、うちの子はそんなことなかったかのように元気です。
モモじろう君も、そんな風になってくれるのを願ってますっ
[ 2006/08/28 21:59 ] [ 編集 ]
とにかく良かったです!
一時はどうなることかと。
三つ目の記事は感動的でした。
これからまた前のようにエサを食べてくれるといいですね。
[ 2006/08/29 00:55 ] [ 編集 ]
ももじろうくんの経過が順調で何よりです、
本当に辛い毎日だったでしょうけど
ジルたんがモモじろうくんのために
必死でがんばったのが通じたのだと思います。
そしてよいお医者様がみつかってよかったですね。

お医者の中には、飼い主を厳しくいうような人もいますが、
これも全てか弱い動物たちのためだそうです。
ペットの一生は飼い主の行動に全て託されてしまうので
飼い主がしっかり守ってあげなければ
ならない…
そんな動物番組を見たことがあります。

話が脱線してしまいましたが;
モモじろうくんが今後
どんどん回復していくのを楽しみにしてます^^

ちなみにチョコボ育成ですが
卵(ルルデの宅配子猫も売ってます)を
3国チョコボ屋に放り込んでおくだけで、
基本的な世話はブリーダーがやってくれるようですし、
育成はいつでも開始できるようなので
焦ってやんなくてもよさそうです~。
育ち方が気に入らない人とか
何度もやりなおししそうです(´Д`;)ヾ
[ 2006/08/29 01:59 ] [ 編集 ]
(=´∇`=)
ジルです
コメントありがとうございます(^ω^)つ
FFのブログなんですが、ペットの話ばっかりですみません

のーまさん

ドキドキさせてごめんヨ!私も今もたまにドキドキ
これはきっと恋…(/ω\)
ペットのいる生活は、何かあった時に振り回されちゃうけど
でも、癒されて、体の一部で、ほんと楽しいですよね

幸秀さん

一進一退という感じですが、モモじろう、どうにか頑張ってます
診療拒否された獣医さんは、確かに悲しくなりましたが
専門外の動物で誤診や謝った処置でケガさせたり死なせて
しまったりして後で訴訟起こされるケースもあるでしょう
できない事をできないと言う潔さも必要なんでしょう
ただちょっと冷たすぎだとは思ったし途方に暮れました
プロなのにできない恥ずかしさも知って欲しい

ペスさん

一安心…ではあるんだけど、やはり傾眠がちだし
低空飛行が続いてる感じです(´・ω・`)

ペスさんの犬君のお話、そうですね
喋れない動物、あとは、症状が外に見える時には
病気がかなり進行してる場合もあるよね、ケガなら見えるけど
内臓疾患なんかギリギリまで、とても元気に見えると思います
当日ではなく、次の日に病院に連れて行ったから
間に合わなかったとは思わないで欲しいです

前のドーベルマン君も、今のトイプードル君も、大事にしてもらって
幸せな日々を満喫してるのはよくわかりますお!

タンルスさん

ほんと、手術する事を選んでよかったとは思っています
明日の夜、抜糸と、包帯だのカラーだの全部取る予定
なんだか痩せちゃって、お腹もへこんでてアレだけど
そういうの外したら、また元気出るかなと思ってますo(`ω´*)o

くぅたん

そうだった、私よりペットの方が辛い思いをしてるんだよね

「ペットの一生は飼い主の行動に託される」

はっとさせられるし、とても重い言葉です

完全にブドウが全てではない感じだったけど
今回の病気の引き金にはなったと思うし
私が不勉強で軽率でした、ペットには申し訳ないです(TдT)

厳しく叱る獣医さん=悪い人だなんて思ってないヨ!
ペットのため、飼い主のために、言いたくなくても
言ってくれるエネルギーの大きさ、よくわかります

チョコ育成、評判はなかなかなのかな(*'-')
性能や体毛の色が気に入らないと、やりなおしするのかw
オンゲーで競争で自慢だから、少しでも人より劣るのは
嫌なんだろうなぁ、大変だ(・ω・)
[ 2006/08/29 08:45 ] [ 編集 ]
ジルたんお疲れ様(;_;)
まだ安心とは言い切れなくてしばらく目が離せないよね;;
モモくんももちろん心配だけど、ジルたんの身体も心配だぉ~
暑い中走り回って、気をもんで・・・モモくんはゆっくり、ジルたんは無理してでもちゃんとご飯食べて水分摂ってくださいぉ!

早くモモくんが元気になって、ジルたんが熟睡できるよう祈ってます
[ 2006/08/29 09:23 ] [ 編集 ]
(´Д⊂
ペットとの生活は人間にはとても素敵なものだけど、そのペットの命を守るのはとても大変ですおね。
ももくん早く元気になるようお祈りしています。
[ 2006/08/29 09:51 ] [ 編集 ]
( *´エ`)σ
ジルです
コメントありがとうございます(^ω^)つ

ヴィオたん

もうちょっと、うん、まだご飯を食べる元気もないし
注射で補液してる感じなので、安心ではないけど
見守っている段階です、明日の夜に動物病院に行って
いろいろ外したら、もう少し元気になるかなぁ
私も寝ているつもりでも、夜中に何度も起きてしまうのを
ヴィオたんなんで知ってるのwww

でちでちさん

そうですね、今まですごく元気で食べすぎて困ってたのが
こんなに弱って痩せて動かなくなると、本当にどうしていいか
わからなくなってしまいます、劇的によくなったり
ドラマみたいに都合よくならないのはわかるのですが
そうなってくれる事を勝手に望んでしまいますね…
[ 2006/08/29 11:20 ] [ 編集 ]
相当大変な事になっていたんですね。
文からじるさんのモモじろう君に対する愛が伝ってきました。

私も昔実家にいた頃、犬が病気になってしまって、家族全員でてんやわんや
だったのを覚えています。
結局病気は治って老衰で死んでいきましたが、今たまに実家に帰った時に
誰もいない庭を見たりするとちょっとしんみりしちゃいます。


ペットも人と同じように病気になったり、いなくなったりしてはじめて
その存在の大きさに気づく事ってあるかと思います。
言葉が通じないだけに、体が小さいだけになおさら…
[ 2006/08/31 03:29 ] [ 編集 ]
(*'-')ノ
ジルです
Blaたんそうだヨ!とっても大変だったノ!
ペットはじめ動物は、そいつが元気な時はあまり
気にしないもんだけど、いざ、具合悪くなったり
自分のそばからいなくなってしまうと、その存在の大きさに
ほんと驚かされますね、そう、そいつがいた場所を
無意識に何度も見ちゃう、いないんだったって思っても
つい何度も見てしまっている、そんな癖がついてる
自分に気付いて思い知るというか、改めて寂しく
なってしまうのよね…w

言葉は通じないけど、そこはハートなんだぜ!
思い込みと愛情の押し売りでもいいと思うお><
[ 2006/08/31 19:24 ] [ 編集 ]
2つお願い!コメント同士でのやり取りはどうかご遠慮下さい。せっかく書いて頂いたのに、場合によっては私の勝手な判断で消しちゃうかもです><また、私のレスへのレスもなんと不要です!なにそれ地球に優しい!ご理解下さい_(_ _)_












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Jille

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。