FC2ブログ

FFXI ~赤魔道士Jille【どこですか?】~

カーバンクルサーバで遊んでます(*'ω'*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ランカウイ島とシンガポール旅行⑥

ヽ(`Д´)ノまだ画像あるお!!
これで終わりにしますので
もうちょっとお付き合い下さいませ…

シンガポールの宿泊ホテルの近くから
すぐ地下街に入れて、そこの様子は
日本みたいです、ららぽーとみたいです
また、地下鉄乗り場もありました

私達は乗ってないけど(・ω・)
通勤や通学に多くの人に使われているようです

Oi!!!
シンガポールと言えば、マーライオンですお!!!!!
ホテルから近い、マーライオン公園まで徒歩で移動して
マーライオンを見に行きます

道中見かけたドーム

ドリアンをイメージしたデザインの建物だそうです
中は多目的ホールという感じ

この建物が見えれば、マーライオンはすぐそこ
このドームのすぐそばにある橋を渡るとあります
日差しが強く、少し歩くと息が上がりますが頑張りますお



アアアアアアアアアアア!!!!!!
マーライオン淫したお!!!

手前のが小さいマーライオン、奥のが大きいマーライオン

シンガポールにはマーライオンが3つあって
一番古く大きいのがセントーサ島にあります
有名なのは、この小さいマーライオンと奥の大きいのがいる
マーライオン公園のマーライオンだそうです

セントーサ島は、面倒だったので行きませんでした(´ω`)

こちらのマーライオン、川の上に土台が作られていて
その上に建っている感じです
で、マーライオンがよく見えるように
カメラなどで正面からキレイに撮れるように
マーライオンの前に回りこめるようになってます

その先には、川
マーライオンの口から出る水はその川に落ちています

この川、シンガポール川にはリバークルーズがあり
いたる場所から出発できます
「リバークルーズ」なんて優雅な名前が付いていますが
乗る船は、屋形船というか、材木を運送してた船を
人が乗れるようにベンチ式の椅子を設置しただけのすごい船

また、燃料油のにおいがすごいですが、気にしない
船はシンガポール川を、いくつかの橋の下をくぐって
川沿いにある建物、名所などを紹介します

船から見たマーライオン

近代的な建物がうしろに見えます

一緒に船に乗った人達がなんだかあやしい人達で
お坊さんと信者さん

船が出る前に信者さんが不安を訴え
お坊さんが手かざし、そして信者さんが
ありがたがって、お布施をコソコソと渡しておいでてました
その決定的瞬間の撮影に成功

マーライオン

マーライオンしか見るものがありませn


海が近いのか、水位が高いのか
こうやって何ヶ所も橋の下を通るリバークルーズですが

時々、他の船と橋の下ですれ違う事になり
まぁ、普段は大丈夫なんでしょうけど
このように、橋はアーチ状になってまして
すれ違う船を遠くに避けすぎるとちょっと危険

事故は起きました(・ω・)
自分達が乗ってた船が、橋の下で
他の船とすれ違うために端に寄り過ぎた事から
船の屋根が橋の下にぶつかり
船の天井に付いている備品が取れてしまうハプニングが…

コードで繋がっている、何か照明器具みたいなものが
ブランブランしてましたが大丈夫!!船は進みます!!^^

川沿いには、大きなビル
ビルと川の間に、このような小さな屋根のついた屋台郡

屋台というか、飲食店です
観光客目当ての店の軒先にはシーフードのケースがあり
生きたカニやエビなどが料理されるのを待っています

向こうに見える船、その先に見える建物はなんでしょう
ラッフルズ卿の銅像のとこかな、全然違うかな…w

こうやって写真で後で見ると
川沿いにある貧民街の食べ物屋さんみたいですが

川沿いにある観光客目当ての
しゃれた飲食店が並んでいるだけです


さて、夜にはナイトサファリに行って来ました

野生動物は本来、夜をメインに活動しています
夜の動物達、本来の彼らの行動を観察しようという試みで
また、檻を一切使っていない作りの動物園です

世界初、シンガポールで実験的に作られ
一部希少動物の繁殖にまで成功し
現在も毎日観光客でいっぱいのナイトサファリ

ナイトサファリの周囲は、このように
ねぶた祭りみたいになっています(・ω・)

中では、ファイアショーみたいのもやってました

観客をステージに上げてのショーとか
楽しく見たあとは…

トラムに乗って、夜の動物達を見に行きました

トラムは、窓も柵もないですが
安全だとの事、もし、車外にカバンなど
物を落としても勝手に降りない事、等の注意を守りましょう

日本語トラム、英語トラムがあります
英語による「トラム進行中の注意」を聞いて
理解できる自信のない人は日本語トラムで
もちろん私達は日本語トラムで^^

また、トラムに乗ってではなく、徒歩でサファリ内を移動し
動物達を見て回る、全長2キロだかのコースもあります
鳥やシカなどの安全な動物ばかりではなく
トラや象などを近くで見ることができるそうです

コースは真っ暗なので
絶対迷子になったり、コースを外れて
とんでもない事になるのは簡単に予測できたので
せっかくでしたが徒歩のコースは行きませんでした

なお、ナイトサファリ内では
フラッシュ撮影、ライトを当てての撮影は
一切禁止されていましたので、写真はありません
肉眼では動物は見えるのですが
デジカメのファインダ越しに見ると
何にも見えませんでした
照明は、人の目には明るく見えるのですが
動物達には、刺激にならない種類のものなのかなとか
まぁこれは勝手な想像ですが思いました

たとえば、昼間の動物園では
どの動物も寝ていて動かなかったり
檻の中、それも奥の方にいて見えなかったり
なんだか汚れてたり(?)しますが
ナイトサファリの動物は、どの個体も美しく
とても生き生きとしており、活発に活動していました

珍しい数種類のシカ、インドヤギュウ
アジアゾウ、アジアバク、カピバラ、マレートラ

かなり近い距離で見る事ができます
手を伸ばせば、本当に触れそうな距離を動物達は歩いていますし
トラムも、進路として使っています

また、どの動物も檻には入っておらず
各動物同士のゾーンがとっても近いのですが
動物同士が勝手に行き来したりは
できないようになっているそうです

檻はないけど、見えないように柵は設置してあるそうです
どう目をこらしても、柵のようなものは一切見えなかったんですが
人間と動物の安全のための配慮はしっかりされているそうです

なかなか興味深く面白いナイトサファリ
動物を見て、説明を聞くだけでも楽しいです
どうやって動物達にストレスをかける事なく
このナイトサファリを安全に運営しているのか
バックステージにも興味が沸きました
これはぜひ一度、見に行って欲しいです


さて、ホテルに戻ってその後に
夜のホテル周辺を探索

夜の人間達を観察…じゃなくて
コンビニでビールを買って来ましたお

セブンイレブンなんかがそこら中に普通にあるんですが
店内にこのような、自動マッシュポテト装置があって
思わず挑戦、カップを置いて、スイッチを押すだけですが
なんだかコーフンしてしまいました…w

夜のシンガポール

もう今日で最後なので
どうって事ない景色ですが
撮ってみました

これがもし夕焼けだったら
シンガポールスリングをイメージできたのかしら(・ω・)


次の日の朝
これまたホテルの近くなんですが
サンテックシティという所の「富の噴水」へ

シティのほぼ中央にあるこの噴水
上にある変わったデザインの支柱は
風水の思想から作られているものだそうです

この噴水の周りを、願い事を唱えながら
時計回りに3周すると、願いが叶うとか?


定期的にツワーぽい集団がここに来て
噴水の周りをぐるぐる回っています

サンテックシティは
買い物をするお店がいっぱい
前の記事でも紹介した
ホーカーズ(屋台村みたいなもの)もあるし
あと、大型スーパー「カルフール」があったので
ここで自分達用のお土産などを買ってみた

そしてこの日の夜に
日本への飛行機に乗って帰国です

なかなか楽しい1週間でした(^ω^)
ちょっと写真撮り過ぎだろwwと思わないで下さいね
これでもかなり削除して選びに選んだ写真でございます
楽しい旅の思い出、ほんとは
記憶にとどめておけばいいんだろうけど
画像に残してあとで見るのも楽しいものです



スポンサーサイト
[PR]

[ 2006/03/15 20:28 ] (・ω・)海外旅行 | TB(0) | CM(6)
ジルたん素敵な旅日記お疲れ様でした(=´▽`=)♪。なんか異様に旅行に行きたい衝動に駆られる日記でしたよ(#´д`)=3写真も綺麗で文章も分かりやすくて、プロの旅ガイドみたいでした(^-^)。私もこんな素敵な旅行に行きたいわぁ(#゚∀゚#)♪。
[ 2006/03/16 10:54 ] [ 編集 ]
こんにちは~
>>ドリアンをイメージした
ドリアン(´Д`;)夢にうなされるほど苦手です。
そんな恐ろしい形をした建造物が…
[ 2006/03/16 11:29 ] [ 編集 ]
(#゚∀゚#)
ジルです
コメントありがとうございます(゚ω゚)

リコたん

プロの旅行ガイドだなんてとんでもございません(つд⊂)
せっかく撮って来た画像をうpしたかっただけです
エロスも笑いもなく、つまんなくてすみません
ただ、ランカウイ島もシンガポールも
キレイで食べ物もおいしく、楽しかったので
オススメですお!!

ねこもふさん

ウヒwドリアン嫌いですかww
タイやマレーシア、シンガポールでは
屋台だのスーパーだのでドリアン始め
南の国のフルーツイパーイですからね
ドリアンはフルーツの王様、自国の象徴という
意味で、イメージしたのかな、デザインというか
形、色、ツヤ、ドリアンそのもののドームでしt
[ 2006/03/16 21:42 ] [ 編集 ]
旅日記うpおつかれさまです^^
写真と一緒に読んでると旅行した気分になれますね。私はそれだけで満足ですよ(´ω`)

何個か前の記事ですが、ゆり椅子に乗って機嫌を直す旦那さんに勝手に萌えました(*´Д`*)カワイイ
[ 2006/03/17 00:53 ] [ 編集 ]
ごぶさたしちゃって^^;
ジルさん、おかえり~

わたしも7月シンガポールいく予定です。写真みててすっごい楽しみになってきましたよ。
あ!もしかしたら来月またバンコクもいくかもw(あそびすぎ)

[ 2006/03/17 01:15 ] [ 編集 ]
(;´Д`*)
ジルです
コメントありがとうございます(^ω^)つ

むびさん

写真だけ見て、少しでも楽しいなと思って
頂ければ嬉しいです(*´ω`*)
今まであまり旅行先で写真なんて撮らなかったので
旦那が怒るのも仕方なんですお
いい所にゆり椅子があって助かった(・ω・)

ゆりかさん

ウヒwバンコク気に入りましたかw
食べ物がおいしくて安くて昼も夜も熱気が
あってタイは楽しいよね、シンガポールも
タイ以上に日本語うまい人、親切な人が多く
治安もよく遊びやすいと思います
ナイトサファリは是非行って欲しいw
[ 2006/03/17 11:48 ] [ 編集 ]
2つお願い!コメント同士でのやり取りはどうかご遠慮下さい。せっかく書いて頂いたのに、場合によっては私の勝手な判断で消しちゃうかもです><また、私のレスへのレスもなんと不要です!なにそれ地球に優しい!ご理解下さい_(_ _)_












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Jille

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。